裁判所は出来レース!弁護士でなくては勝てる裁判が負けることもありえます。

法律に関わることは迷うことなく弁護士

過払い金請求を行うCMをテレビやラジオで流れていますが、早期解決を図るのであれば弁護士に依頼することです。同じ法律家でも弁護士と司法書士では過払い請求できる限度額に違いがあり、弁護士には140万円を超える債権額でも依頼人に代わって請求することができます。しかし、司法書士には140万円までの制限があり、また司法書士は簡易裁判所までの裁判しか行えないので、相手方が地方裁判所に上告したらお手上げ状態に陥ります。

なぜ、司法書士と弁護士には違いが生じるのか

弁護士と司法書士では代理権に違いがあります。司法書士が活動できる範囲は家庭裁判所と簡易裁判所に限られ、オールラウンドプレーヤーの弁護士であれば家庭裁判所から最高裁判所まで、依頼人に代わって活動することが可能になります。過払い金請求も大手の金融機関であれば、法的なプロセスに則り対処されますが、貸金業登録をしていないような金融機関だと刑事事件に発展するような脅迫行為等を依頼人にする場合があります。しかし、刑事事件にも精通している弁護士が代理人であれば、このような事態になることを防ぐスキルを要し依頼人の安全が担保されます。

裁判所は弁護士にとってホームグラウンド

弁護士になるには、国家資格最難関の司法試験にまず合格、その後は一年間、最高裁判所に任用されて司法研修所などで法曹資格を得るために司法修習を受けなくてはなりません。司法修習は、弁護士以外に裁判官や検察官を目指す方も同一のカリキュラムに沿って勉強しています。とどのつまり、これら3者は同じ穴の狢なため、格の違う司法書士が裁判所に乗り込んでも、相手方の代理人が弁護士であれば不利な結果に至ることは容易に想像できます。裁判官と弁護士は互いに手の内を知ったツーカーの仲のため、裁判に繋がる事案を処理する場合は弁護士に依頼することが賢明です。

弁護士保険を上手に選ぶには、契約の内容や保証の範囲などをきちんと把握することで、将来的なトラブルを回避できます。