少ない資金で上手に資産運用する方法があった!

少ない資金で株式投資!信用取引ってなんでしょう?

株を買いたいけれど手持ちの資金が十分にない。そんな時、どうやって資産を運用しますか。信用取引は資金の3倍まで株式投資ができる投資方法です。以前は証券会社の自主ルールによって女性や高齢者の取引は出来ませんでしたが(預入資産や、投資経験によって例外はありました)、今ではどなたでも利用することができます。例えば90万円の株を買いたい場合、現物では90万円(手数料除く)が必要になりますが、信用取引だと30万円を証券会社に担保として差し入れるだけで90万円の株を買うことができるのですよ。

現金がなくてもだいじょうぶ?

信用取引の担保には現金の他、株式などの有価証券も利用できます。現金がなくても手持ちの株を担保に、違う銘柄の株を買うことができるのですよ。現金は価値変動がないため担保率評価は100%ですが、株式の場合は相場によって価値が変動しますので、余裕を見て前日の終値の80%で計算します。仮に、前日の終値が50万円だったとすると、その80%で40万円分の担保になります。その3倍ですから120万円までの株を買うことができるのです。もちろん、手数料や金利はほかにかかりますが。でも市場で株が不足した場合は貸し株代が支払われるのです。おまけがもらえるみたいで嬉しいですよね。

リスクを十分に理解しましょう

このように信用取引は少ない資産でより有効に資産運用ができる投資方法ですが、株式投資である以上リスクはあります。階建ての場合はもし信用取引で買った株が値下がりした場合は下がった分だけ損失となります。6ヶ月以内の決算が必要なので、現物に比べてそのリスクはより大きくなります。また、売り建ての場合はよりリスクが大きくなるので注意が必要です。でも、リスクを理解したうえで、十分なリサーチのもとおこなえば資産運用の有効な手段であることは間違いありませんよね。

信用取引を行う際に、証券会社に対して担保を用意する必要があります。一定の保証金や有価証券などが信用取引の担保となり、それらを元に証券会社から資金を借りて投資を行うことができるようになります。